遅漏は早漏以上に女性に嫌われる?

5mph

遅漏は早漏と逆の症状で、性交時にまったく射精できない、あるいは射精に至るまでかなりの時間を要することをさす症状です。
遅漏は早漏とは違って好意的に捉えている女性は少なく、むしろ「私の締まりって良くないのかな」や「痛くなってきたから早くイッてほしい」と否定的に捉えている女性が多いです。

遅漏は早漏とは違い肉体的な快楽云々が原因でなることが非常に少ないです。
精神的な事柄が原因となって遅漏になる人が多いということですね。
メイルレイプ等の性的トラウマ、幼少時の純潔教育、生活習慣病、加齢、極度の緊張状態、妊娠への恐れ・・・といったようなことが代表的な遅漏の原因で、セックスパートナーの女性によってその症状が改善されることはほとんどない事柄ばかりです。
つまり、治療には遅漏になっている当人が何とかする必要があるということですね。

遅漏は早漏とは逆で自分で何とかしたいと思っている男性が少ないです。
なぜなら、「ずっとピストンしているのだから気持ちいいでしょ?」と思っている男性が多いからで、ずっと性交が続いているのに嫌と思う女性がいるとは思っていないからです。
もちろん、その状態を良いと思っている女性もいなくはありません。
しかし、最初に述べたように「私の締まりって良くないのかな」や「痛くなってきたから早くイッてほしい」と思っている女性の方が圧倒的に多いです。

自分が遅漏だと思った場合にはすぐさま精力剤を服用するかカウンセラーに相談するかをして、セックスパートナーの不満を解消してあげましょう。

また、遅漏を治療すべき理由として、女性が早漏はいいけど、遅漏はNGだという意見が多数あるからです。
女性の本音』で男性の悩み系に関する意見がまとめられていますので、参考にしてください。