性の悩み:早漏を改善したい

nayami

男性は(女性よりも)、多くの性の悩みを抱えやすい生き物です。

その悩みのどれもが自分のプライドを守るためだったり、見栄を張るためのもので、女性からみたら些細な悩みかもしれません。
しかし、当人にとってはストレスと感じるほどの悩みであり、早漏もそういった悩みの一つです。

早漏は性交時における射精の時間が早いことをさします。
大体、2~3分で射精をしてしまった場合に早漏と認定されますが、これはあくまで一般論であって、多くの女性は「自分がオルガスムに達する前に射精される=早漏」と捉えているようです。
もちろん、女性器が濡れていない(乾いた)にもかかわらず、射精しないからといってずっとピストン運動をするのも良いとは言えませんが。

実は多くの女性にとって早漏は悪く思われてはいません。
「私の締まりが良かったからなのかな」や「そんなに気持ちよかったんだ」と好意的に捉える女性が多く、「もっとえっちしたかったのに・・・」と思う女性は男性が思っているよりももっと少ないのです。
しかし、男性としては女性がどう思うかよりも、自分のプライドが傷つくことを恐れているのです。
相手をもっと気持ちよくしてあげたい・・・と思うがあまり、早漏な自分を改善したいと強く思っているのです。

早漏よりたちが悪いのが、むしろなかなか射精に至らない「遅漏」です。一見、長くセックスを楽しめていいじゃないかと思われがちですが、女性が苦痛にケースも多いのです。詳しくは「遅漏を改善したい」をご覧ください。

また、「中折れ」「ED」も根が深い問題です。EDはそもそも性交をするのに勃起不全では性行為ができませんよね・・・・・EDの人は早急に治療してくださいね。気になる人は下記「EDの自分が情けないを参考にしてください。」

性行為は単純な繁殖行為ではありません。
愛を確かめ合う行為なのです。

その確かめ合う行為が、早漏という一つのファクターでおざなりになってしまうのは男女ともに好ましくはありませんよね。

そして、何と言っても、早漏は治せる症状です。
一番オススメできるのは精力剤を服用することなので、早漏に悩んでいる場合は精力剤の服用も検討してみましょう。